向井千子

???~貞享5年(1688年)5月15日

向井千子の俳句続虚栗に、「花にあかぬ憂世男の憎き哉」という句がある。これを詠んだ向井千子は、松尾芭蕉の高弟である向井去来の年の離れた妹である。高名な医者であった父ゆえに、京都の名家にも顔が利いたに違いない。都を往来する中で詠まれただろうこの句は、その器量を炙り出す。
去来はそんな妹を可愛がり、貞亨3年(1686年)の秋、求めに応じて伊勢参りに連れ立った。去来は三十半ば、千子は二十過ぎだったと言われている。

この二人の旅は、去来の「伊勢紀行」に記されている。そこで千子は「伊勢までのよき道づれよ今朝の雁」と詠み、心を開放する旅のはじまりを告げる。そして道々、その外連味のない性格を爆発させるのである。極まりは、草津で姥が餅を食した時。皺のない餅を差し出して口上を述べる女房を前に、「紅粉を身にたやさねばいつとても 皺の見えざる姥がもち哉」と歌い上げるところ。
千子のこの自由奔放な性格は、その婚期を遅らせたに違いない。「憂世女」として、様々な恋を積み重ね・・・。

けれども、最後の恋は悲しい。旅から程無く、長崎の御船手・清水藤右衛門に嫁したものの、「もえやすく又消えやすき螢哉」の句を遺して死んでしまう。句から察するに、激情に自らの命を手放したかのように思われる。
美人薄命。哀しいものだ。

もえやすく又消えやすき螢哉 千子



向井千子に関する補足

1)向井千子 ⇒ 資料1 向井家は俳諧一家で、兄の震軒・去来・魯町・牡年も俳諧をした。

2)続虚栗 ⇒ 宝井其角編1687年刊行の俳諧集。

3)松尾芭蕉 ⇒ 資料2

4)向井去来 ⇒ 資料3

5)伊勢紀行 ⇒ 貞亨3年8月20日過ぎに宇治から伊勢神宮に向かった。紀行文は1850年に刊行される。芭蕉は跋文に「東西のあはれさひとつ秋の風」の句を添えている。

6)清水藤右衛門 ⇒ 詳細は不明。千子との間に一女をもうけたとの説もある。長崎は、千子の父である向井元升が医学を学んだ土地でもある。

7)もえやすく又消えやすき螢哉 ⇒ 千子の辞世として「いつを昔」(宝井其角編1690年)に載る。


去来抄(向井去来著)に、千子が亡くなった時に土用干している時、偶然にも芭蕉から「なき人の小袖もいまや土用ぼし」の句が届いたとの記述がある。これが芭蕉の追善句である。去来は曠野集(山本荷兮編1689年)に、「いもうとの追善に」として「手のうへにかなしく消る螢かな」の句を遺している。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA